なもねっとトップ > なもねっと加盟店 > 心情治療院トップ

countcountcountcountcount

心情治療院/指圧・鍼・灸・カイロプラクティック・整体

健康コラム(あなたの健康づくりに役立つお話)

慢性的で病院に通っても治らない方などが多く来院してみえます。
あきらめていたつらい症状を癒すお手伝いができるかもしれません。

●リウマチの治し方

リウマチを治す8ヶ条リウマチを治す8ヶ条

数多い、治療法の中からその時に必要な治療を選択するようにしましょう。

[1] 痛みに耐える。
[2] 動かすこと。
[3] 腎臓のあたりに背中からお灸をする。
[4] 手足の指、関節を冷やす。(クレゾールがよい) 足湯を1日に2回する。
[5] 栄養療法 (特にヘムFe 淡白をとる)
[6] プール(水)療法をする
[7] 冷凍療法
[8] 検査に気をつける (炎症反応、血沈などが悪い時は、生活・運動・仕事・薬の量に気をつける)

自分の体は、自分で治す力を持っています。しかし、簡単なことではありません。飲んで治すのではなく、痛くても頑張って動かすことが一番大事です。自分で自分に負けないことです。
色々な治療の中から選択してください。
心情治療院トップヘ

●自律神経失調症の治し方

自律神経失調症を治す8ヶ条自律神経失調症を治す8ヶ条

ストレスに負けない体をめざしましょう。

[1] 汗をかく…腰湯、足湯20分以上を(出来れば)、朝・夕2回行う。足湯を1日1回〜10回行う場合は、5分〜10分でよい。
[2] 歩く。
[3] 光療法…太陽や光の下で午前中に2〜3時間くらい。不眠治療にはこのような光治療がよい。
[4] 生活にリズムをもたす…例えば、早寝早起きをする。12時前に寝る。寝る前、1時間はテレビを見ない。鍼治療が効果があります。
[5] 栄養療法…ナイアシン+鉄+亜鉛、その他ミネラル、ビタミン
[6] 人生に生きがいを持つこと。
[7] 出来るだけ人に相談する…家族、友人や専門家によるカウンセリング
[8] 自律訓練法でストレスに負けない体を作る。
心情治療院トップヘ

●腰痛の治し方

腰痛を治す8ヶ条腰痛を治す8ヶ条

つらい痛みにも対処法はあるのです。

[1]
 ギックリ腰などで歩けないくらい痛みが激しい時は安静が一番、下手にもんだりしないこと
[2] 炎症の激しい時は冷やす、痛みにはが効果的、慢性的な痛みは温める。家でもお灸と遠赤マットをする。
[3] ゴムベルトを骨盤に巻き、腰をまわす運動をする。
※コツ⇒痛いところで少し止めるか、ゆっくり回す。やせる効果もあり。
[4] 栄養療法・・プロテインとビタミンCとBを摂取する。ヘルニアの治療にはコンドロイチンがよい。
[5] 電気やシップで痛みを止めるだけでなく積極的に痛みの原因(筋肉、じん帯、関節、骨)特に筋肉の働きを治すようにする。他・・分離症、すべり症、ヘルニア、狭窄症
[6] 急性期 にけん引やカイロ(矯正)をすると動けなくなることがあるので自分の症状にあった治療をする。(無理のない指圧がおすすめ)
[7] 痛みが変わらない時は、内臓の病気も疑う。
[8] 日常生活の姿勢、動作に気をつける。
[9] 腹筋、背筋、側筋を鍛えたりストレッチを自分でする。
[10] 腰に感謝する。腰をいたわる。

※セカンドオピニオン、正しい診断と治療、MRIなどの写真はコピーをいただく。
自分の体は自分で知ることから治療が始まるのです。
心情治療院トップヘ

●五十肩の治し方

五十肩を治す8ヶ条五十肩を治す8ヶ条

〔1〕 腫れがあって痛いときは冷やす。痛みの強い時にはをする。
〔2〕 神経痛(夜間痛など)は温めたり、お灸が効果的。
〔3〕 壁などを使って腕を少しずつ挙げる、又は健康な腕を使って悪い腕を30回挙げる(1日3回)
※コツ⇒痛いところの限界まで挙げる。
〔4〕 腕のだるさには円皮鍼が効果的。
〔5〕 栄養療法・・コンドロイチン、グルコサミン、カルシウム、マグネシウムを摂取する。
〔6〕 手を挙げた時キャッとする痛みには、引っかかっている筋を元の位置に戻す。硬いじん帯や筋は縦の振動波や木バリを用いたり、鍼と灸を交互に行ってやわらかくする。
〔7〕 キネシオテープで筋肉の働きを助ける。
〔8〕 単純に電気、シップで痛みを止めると硬くなることがあるので運動法をしたり、お灸をしたり自分自身で工夫しないと治らない。

家庭でできる運動法として…
●アイロンを持ってブラブラ上下、左右に動かす
棒などの両端を握り上下、左右ねじるなど痛いところを伸ばす があります。
その他、
●押さえて痛みのある所、こたえる所を探します。痛みはツボに現れやすいので、この辺と思った所にお灸をするとよく、特に朝一番にするのは効果的です。
お灸はお風呂の前後一時間はなるべく避けて下さい。
心情治療院トップヘ

●ひざの治し方

腰痛を治す8ヶ条ひざの痛みを治す10ヶ条

よく、ひざの水を抜いてもらったとか聞きますが、、水がたまる原因が取り除かれない限り、また水はたまります。
この水はいらないもののような気がしますが、一般的にはきれいな黄色をした栄養液であり、そのなかには炎症を抑える成分も多く含まれているのです。

[1] 水を抜かずに鍼でひかせる→変形させない水を抜かなくとも、ほとんどの人は腫れが引き、水が取れます。
[2] 腫れたり炎症で痛いものは冷やし、夜間の痛み、神経痛は温める。
[3] 栄養療法…コンドロイチン、カルシウム、マグネシウム、グルコサミンを摂取する。
[4] キネシオテープ、太い包帯、どろシップ(いろいろな薬草の入った湿布)、その他専用のもの(サポーター)を使い、ひざを巻く→水を引かせるため
[5]筋、関節、じん帯は損傷の状態によっては一週間以内だけ固定する。ただし、半月板などは一ヶ月以上固定する場合があります。
[6] ひざの硬い筋(じん帯)を縦の振動波でやわらかくする。マッサージクリームなどで朝、夕にマッサージする。
[7] ひざに体重がかからない姿勢(寝て行うか、いすに座った状態)で朝、晩50回のひざを曲げる運動をする。
[8] 症状が良くなってきたら、お風呂の中で正座の練習をする。昼間は座布団をひざにはさんで正座の練習をする。
[9] ひざの内側の痛みは金粒やお灸(長生灸棒灸)を家で行う。
[10] かかと叩きで骨を丈夫にする。ただし、カルシウム、マグネシウムを摂取する。

方法論が分かれば難しいことではありません。結局は自分で治していくことが分かれば、治す道筋が見え、治す方法も分かってきます。どうぞ自分で治す事を考えて治療にあたって下さい。
心情治療院トップヘ

●風邪の治し方

風邪のお話し風邪のお話し

風邪は抵抗があればひくことはありません。風邪をひかないように予防することも大事なことですが、もうひいてしまった人も自分の力で治す事もできます。今回は家庭でできる風邪治療(予防)を紹介したいと思います。

[1] ぬるめの緑茶・紅茶でうがいをする。咳が出る時は番茶・ほうじ茶を飲む。咳込む時は背中にお灸をします。
[2] ノドの痛みには、焼酎、アロエ、ネギでシップをする。
[3] 背中にお灸やカイロをあて、ノドには円皮鍼をする。
[4] 葛根湯などの漢方薬も効果的です。
[5] 38〜38.5℃までは熱を出し、その後つらければ解熱鎮痛剤を飲みます。

一番の基本は、十分な睡眠と休養、それからビタミンC、B、Aを摂取することです。また、風邪には治療も大変効果があるのです。
心情治療院トップヘ